top of page
  • 執筆者の写真KT

【プロスピA】外国人OB登場!パラメータAのオールスター!【デストラーデ】




外国人OBが登場しました!


好実績を残してきた豪華な助っ人たちが名を連ねています。


早速、能力値を見てみましょう。ミート・パワーの同値、称号でSが狙える選手などがいますね。


今回は投手と野手がいますので、能力値は野手の場合は左からミート、パワー、走力。投手の場合は球威、制球、スタミナとなります。

70B以上は背景を黄色にしてみました。



※手打ちのため正確な数値はゲーム内でご確認をお願いします。

 

注目1、マリーンズのヒルマン投手は称号でオールAが狙える


これは素晴らしいですね。

球威こそ、称号を付けなければBですが、制球とスタミナが同値でA。

球威型が多く、こういったパラメータの選手は多くはないでしょうから、コンボを組みやすくなりそうですね。

称号をつけるまで素材を集めるのはかなり大変ですが、オールAのヒルマン投手、持ってたら心強いですね。

「肩にジャックナイフが刺さってる」というフレーズを思い出したのは私だけでしょうか・・・。

 

注目2、ベイスターズのブランコ選手はミパ同値


ミート、パワーともに83Aで同値。

この水準でのデフォルト同値は強力すぎますね。

オールスターリーグ、セリーグ、横浜純正、いずれでもかなり重要な選手となる予感です。特殊能力も超パワーヒッターでコンボを出しやすいでしょうし、守備は不安があるものの打撃での活躍を大いに期待できそうです。


 

注目3、スワローズのペタジーニ選手は称号で同値が狙える

ミートA、パワーAでの同値が狙える数値。それを実現できる称号は星2のコンタクトヒッター、圧倒的なミート力、星3の超人、星4の電光石火、安打製造機といったところでしょうか。ブランコ選手とともに、同値にできればコンボと自動試合でかなりの活躍を期待できる存在になりそうです。極になるまでの素材集めも大変ですが、称号チャレンジまでやるのはもっと大変。これはSランク限界突破コーチを使いたくなりそうですが、思い通りの称号がつく確率を考えると、手持ちや今後のことを考えて、じっくり検討した方が良いかもしれません。ポジションがファーストなので、ブランコ選手と併用する場合は守備面、他の選手の起用方法など、考えることが多いかもしれませんね。

 

ライオンズはデストラーデ選手

ついにお目にかかれました。自分の中で最強のクリーンナップといえば、秋山・清原・デストラーデです。これは是非入手したいところ。

特徴としては、両打、ミートが称号でBを狙える、パワーはデフォルトA、走力はBといったところでしょうか。


気になる点としては、純正ライオンズだと使うことになるのでしょうか・・・。

守備は1塁ですが、守備能力を考えると指名打者で使いたいですよね。

今年はセレクションで中島選手が登場しています。


サードは中村選手、ショートは源田選手。さらに、TSで松井稼頭央選手がでていますので、オーダーに悩みそうですね。


しかも、自分は超疾風迅雷でオーダーを組んでいるので、パワー型のデストラーデ選手を起用すると、コンボがかなり崩れそうです。パワーAだって8人も揃えることができません。


今年のライオンズも、どちらかといえば走力型の選手が多そう。

捕手 森

一塁 山川

二塁 外崎

三塁 中村

遊撃 源田

左翼 栗山

中堅 金子

右翼 スパンジェンバーグ

DH メヒア


こう並べると、レギュラー選手でパワー型(赤字にしました)が5人になりそうなので、デストラーデ選手を加えて8名が狙えるかな?と思いますが、あとは旧シリーズの選手でしょうか。TSの片岡選手と松井選手が走力型で栗山選手がミート型、セレクションの中島選手はミート型。他に出てきたとしても、ほとんど走力型で出てくるように思います。


そうなると、このあとのOB次第ですかね。

パワー型が8人揃えられるなら、ミートとパワーが同値になったシリーズ2の栗山さんの重要度がすごく高いということになりそうですね・・・。


ということで、やはり持っていれば選択肢を広げることができるので、スカウトとターニングポイントの累計を引いてみました。


結果は・・・


40連目以降は確定がないので、自チーム狙い撃ちをお願いします。


閲覧数:123回1件のコメント

1 Comment

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
KT
KT
Sep 28, 2020

20200929、7時頃 見つけた誤りと誤字を修正しました。

Like
bottom of page