top of page
  • 執筆者の写真KT

【GAS】Google Apps Scriptを学ぶ その1


Google Apps Script(GAS)

Google Apps Script、略してGAS(ガス)。


このスクリプトを操ることができれば、Googleのサービス間の連携、業務効率化、さらには外部サービスとの連携までできるようになるようです!


これは使えるようになりたいとワクワクしちゃいますね。

そんな想いを抱き、色々と挑戦しようと思いますのでメモというかノート代わりに記録していこうと思います。

スプレッドシートを操る


本日のコード

 myFunction() {
const filename = "XXXXXXXXXXXXXXX";
const ss = SpreadsheetApp.openById(filename);
const vv = ss.getSheets()[0];
for(let i=2;i<=6;i++){
vv.getRange(i,4).setValue("test");
console.log(vv.getRange(i,4).getValue())
}
}

1行目 処理の名前

2行目 操りたいスプレッドシートのIDを変数に格納

3行目 変数ssにスプレッドシートを格納

4行目 変数vvにssのシートを格納


5行目〜6行目 For関数で繰り返し処理を始めます。2行目から6行目までのD列にtestと入力させます。

対象となるスプレッドシートは以下の通り。D列は空っぽです。

7行目 ログ出力のコードです。スプレッドシートのD列に入力できているか確認します。

実行結果は以下の通り。


成功です。testが入力されました。


GASのFor文の使い方


for(AAA; BBB; CCC) {
 // ここに処理を記述します
}

AAA

変数をセットします。

本日のコードでは、変数が変わるのでletを使いました。


BBB

この条件を満たすうちは処理を継続することになります。

本日のコードでは、AAAが6以下であるうちは継続するようにしました。


CCC

繰り返す際のカウントアップです。

本日のコードでは、AAAに1を加算しました。

i+1 をしたかったのですが、1ずつカウントアップする場合は、i++と記述しても同じ結果となるようです。


処理はgetRangeでセルを指定し、setValueで値を入力しています。


GASのお役立ちリンク集


Googleのサポートサイト




SNSアカウントもどうぞ


▼Twitterアカウント

お気軽にフォロー、リプライをお待ちしております


▼Youtubeチャンネル


閲覧数:204回0件のコメント
bottom of page