top of page
  • 執筆者の写真KT

「しんがり ~山一證券 最後の聖戦~」Amazon Prime Video

自主廃業した山一證券のお話。江口洋介さんが主演です。


どのような不正が行われたのか、公表された社内報告書の作成過程が描かれています。


「社員は悪くありません」。あの記者会見のシーンも出てきます。


誰が何のために、何をしようとしていたのか。


人が集まった組織での不正は、自らが正していけるように、組織としての自浄作用が必要ですね。発生を防ぐだけでなく、大ごとになる前に検知するにはどうすればよいのでしょうか。日頃からの意識、包み隠さないコミュニケーションが生まれる組織の枠組みが必要なのかもしれません。


といったことを考えさせられる作品でした。


あと、一流企業の中核人物が考える不正スキーム集とかあったら見てみたいですね。




閲覧数:2回0件のコメント
bottom of page